親としては「与える系」より「作る系」!YouTubeのお陰で自作『おもちゃ』にハマる。

小学校が休みの週末は娘と2人で過ごすことが多い筆者。

毎週2人で過ごしていると、子供にYouTubeを見せている間にちょっと休憩なんてことも珍しくない。

そんな時に我が子が見たがるのが子供たちに大人気の

・新しい『おもちゃ』を開けてみた
・新しい『ゲーム』をやってみた

〈やってみた〉系の動画だ。

たしかにその種の動画は面白い。

子供からしたら新しい『おもちゃ』は夢のようだし、それで遊ぶキッズ系YouTuberの子たちがキラキラ眩しいだろう。

動画を見ながら必ず「このおもちゃ欲しい」「これ買って」って言うのも仕方ないと思う。

そりゃ言うだろ、普通の子なら。

心の中で(このYouTuberの子たちは『おもちゃ』で遊んでお金貰ってるんだよ)と思いつつ、

無限に『おもちゃ』を買い与えてあげれないことに情けなくも思う…。

 

与える系『おもちゃ』の賞味期限の短さ…

 

かく言う筆者も、誕生日やクリスマスにはプレゼントで新しい『おもちゃ』を買ってあげることはある。

新しい『おもちゃ』を子供に、

渡す→作る→遊ぶ

確かにこの3行程の間は目を輝かせ、

「パパさいこー」と大好き・尊敬・世界一…

思いつく限りの愛情表現。

しかし翌週に他の動画で新しい『おもちゃ』を見つけると、

「このおもちゃ欲しい」「これ買って」。

デジャブ。。。

思わず「先週おもちゃ買ってあげたでしょ?」なんて言おうもんなら、

1週間で【優しいパパ神様】から【くそケチおじさん】に大転落。

この賞味期限の短さに愕然とする。

そんな筆者と同様の想いをしている世のパパさん達にオススメの動画が今回ご紹介の『5分でできるDIYで遊ぼう』

 

一緒に「考える」ことで始まる無限ループ

 

こちらの動画では、子供でも簡単に(と、言っても大人の力は必要)作れちゃう色んなDIYを紹介している。

中でも筆者が子供と一緒に実践して、食い付きの良さを実感したのが「ダンボールの家』作り。

1から『おもちゃ』を作ることで

考える→作る→遊ぶ→考える→…

この嬉しい無限ループが始まるのだ。

自分で作った『ダンボールの家』をコツコツと毎日カスタマイズしていく我が子。

作った次の週末にはポストを付けたり、タオルを敷いてベッドを作ったり、

考える力を養いながら遊べて、親にとってもコストパフォーマンス抜群なのだ!

※筆者の生活はAmazonとLOHACOに支えられているため、材料費はタダ同然。

昔は近くのスーパーとか八百屋にダンボール貰いに行きましたよね?

そんな貧乏くさいのうちの地元だけですかね?

 

子供が「グルーガン」を欲しがったら勝ち!

 

工作好きにはお馴染みのこのアイテム。

我が子の今1番欲しいものは「あつ森」じゃなく、

「グルーガン」になりました♪

チャンナビ編集部

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • はてなブックマークでシェア

コメントを書く

名前:
メールアドレス:
コメント:

※コメントは承認されるまでは表示されません。

キッズの関連レポート

もっと見る