アンチも突っ込めない程の分かりやすさ。難易度の高い三角筋後部の鍛え方はこの人に習え

日本のトップフィジーカーShoさんについて

今回は有名筋トレYouTuber「Sho Fitness」チャンネルを運営する「Sho(しょう)さん」に教わる、三角筋後部を狙うトレーニング動画をご紹介しよう。

主に福岡を拠点として活動する筋トレYouTuber「Sho(しょう)さん」。自らボディメイクの大会に出場するだけでなく、経営者としてフィットネスジムの運営やアパレル関連まで手広く事業を展開、活躍されています。

理論的、科学的なエビデンスから実践的なトレーニング方法をわかりやすく解説してくれるSho(しょう)さんの筋トレチャンネルは愛好家にとって心強いガイドブックとなっているに違いない。

それでは早速、肩(三角筋)後部トレーニングのおすすめ種目を見ていくことにしよう。

 

三角筋後部のおすすめ種目ベスト3はこれだ

・おすすめ種目①『ケーブルリアフライ・リアレイズ』(水平外転を意識した動き)
肩甲骨の内転が起きやすいこの手の種目は僧帽筋に負荷が逃げやすい。その為、肩甲骨を離した状態を意識して行うのがポイント。

・おすすめ種目②『フェイスプル』(水平外転+外旋を意識した動き)
水平外転と外旋のどちらもできる非常に効果的な種目がこちら。一般的な真っ直ぐに引っ張るフェイスプルではなく、下から上に引くことにより外旋の動きを取り入れたフェイスプルがおすすめだそうだ。

・おすすめ種目③『リアデルトケーブルプル』(肩の伸展を意識した動き)
肩の伸展の動きで後部を鍛えるこちらの種目。後部は水平外転だけではなく肩の伸展にも大きく関わる箇所である為、こちらも同様におすすめな種目と紹介されている。
特におすすめするタイプとして水平外転系の種目でどうしても肩甲骨が寄ってしまい、僧帽筋に負荷が逃げやすい人を挙げているのでお見逃しなく。

この調子で全身全部位を教わりたいほど、わかりやすい解説動画『Sho Fitness』チャンネル。ぜひ一度チェックしてみて欲しい。

三角筋後部を鍛えるにあたって特に重要なコツ

チャンナビ編集部

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • はてなブックマークでシェア

コメントを書く

名前:
メールアドレス:
コメント:

※コメントは承認されるまでは表示されません。

筋トレの関連レポート

もっと見る