K’s kitchenとかどや製油のタイアップから分析する広告論。広告代理店がオウンドメディアを持つという事。

そもそも広告というものは、もはやうざったいものでしかないという事。

広告代理店で働きだして17年以上。
もはや個人的には、広告など必要ないと思って生きている。
特にバナー広告、ノイズだとしか思っていない。

チャンナビWEBにもGoogle広告が入っているが、正直とっとと撤廃したい。
しかし信頼する運営部の考えもあるので、実験と言う名目でGoogle広告は黙認している。

正直、チャンナビというブログメディアの時点で、
バナー広告かタイアップしかマネタイズ方法思いつかなかったし。

で、動画+企業タイアップと言う、現在のドル箱ビジネスに飛びつかない手はないので、
YouTubeチャンネルを紹介するポータルサイトを運営しているのが現状である。

Youtuberさんたちが、企業とコラボしてその商品を伝播させるという事。
直近で言うと、ヒカキンが誰よりも先にPS5をプレイしている動画など最たるものだと思う。
これでヒカキンが楽しー!ってなったらSONYやった!だもんね。

それだけに、企業コラボ感が強い動画であればある程、
その動画内にGoogle広告がカットインするのを見てしまうと、

『広告かぶっちゃうじゃーん』、『クライアントに失礼じゃない?』
という気持ちが芽生えてしまう。
広告OFFにすればいいじゃんと思ってしまう。

観ているエンドユーザーからしたら、そのYoutuberが好きでもない限り、
どちらの広告もうざいと思ってしまって、マイナスイメージだと思うんですよね。
この感覚、一般的でないなら、もはやマイノリティなので声高にはしませんが、

どうしても昔ながらの広告代理店の人間として、
そのお客さんと協力して作ったものに、
他社の広告が入るのが納得できないでいます。

とはいえ、YouTubeという巨大プラットフォームで商売させてもらっている以上、
そのGoogle広告からの収入も大きいので、仕方のないことだとは思っています。
結局企業もYouTubeの莫大なインプレッションに予算を割いてるわけですしね。

とまぁ、広告代理店のたわごとから始まる今日のレポです。

じゃ、今日の紹介チャンネルいっちゃおっかな!

いわゆるひとつの企業コラボなんだけど、そのわざとらしさが逆に愛おしいというか。

かどやコラボする必要があるのかどうかは置いておいて、
鍋をサクッと作る工程がいい。

でもラー油に関して言うと、人形町にある菜心の食べるラー油が超おすすめ

 

で、ふと思ってしまったのだが、
クドさんのK’s Kitchenとかどや製油のコラボ動画なのだが、
途中でYouTubeの広告が入ってしまっているという事。

これって視聴者からすると、2重に広告を見せられている事になって、
テレビよりひどいじゃんと思ってしまった。

テレビショッピングみたいになるのかな?
テレビショッピングにスポンサーついてたかどうか分からないけど、

テレビショッピングのスポンサーってたぶんその番組で売る商品のスポンサーであって、
YouTubeってその辺が異様だなと常に思っています。

とはいえ、動画ビジネスで稼ごうとチャンナビを立ち上げている以上、
たわごとになってしまうので置いておきましょう。

 

動画の内容は、かどやのごまラー油を使ったお鍋レシピ。
これからの時期にぴったりの、美味しそうなお鍋である。

誰でもすぐ再現できるように丁寧に説明してくれた上に、
レシピも載っているので、料理好きの方はやってみたら良いと思う。

久々の企業コラボなのか、NGシーン集とかあって面白い

クドさんが、緊張して何テイクもする様子をボーナストラックとして配信している。
ああ、いい人なんだなと思わず思ってしまった。

今回は、広告代理店としてちょっと言いたい事を、
クドさんのチャンネルに掛けて、言いっ放してしまって大変申し訳ないが、
長年思っていたことを、文章化することも大事だと思うのでリリースさせていただきました。

最後に、クドさん、NG集好きなのだな。NG集の再生リストまである。
皆さん是非、ご視聴ください

チャンナビ編集部

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • はてなブックマークでシェア

コメントを書く

名前:
メールアドレス:
コメント:

※コメントは承認されるまでは表示されません。

料理の関連レポート

もっと見る