子守テレワークはYouTubeと二人三脚、子供が自然に笑う大人気チャンネル発見!

「子供のYouTube断固反対!」だったアラフォーおじさんの改心

絶賛テレワーク中の筆者の趣味はテレビドラマとお酒。コロナ禍以前の平時は子供が寝るまで会社にいて、早く仕事が終わった日は朝までお酒を飲みに行く。そんな生活をかれこれ5年はやっていた。

 

昭和の親父像に憧れて、娘にYouTubeを見せる妻にたいして「ちゃんと子供と遊んでやれよ」なんて言っていた私の最近の口癖が「YouTube見てていいよ」に変わっちゃうんだからコロナは恐い。

 

在宅ワークを始めて朝から晩まで娘(小1)と2人で過ごしながらの仕事。パソコンぽちぽちと、クライアントからの電話対応。

※小学校休校、妻はテレワークが出来ない職種のため毎日出社。

 

子供が0歳なら心配過ぎて仕事にならない。1〜3歳なら怪我さえ気を付ければ寝てる時間長めだから仕事も捗る。自分目線かもしれないが4〜8歳くらいまでの子供の「遊んでー。なんかしよー」、1人で遊んでるかな?と思ったら「見てー。できたー。」これが仕事中には一番厄介。

 

前述の通り「YouTubeを子供に見せるなんて育児放棄だ」と騒ぐ時代錯誤の私が、仕事したさにポリシー捨てて「YouTube見てていいよ」と娘に言ったら嘘のように静かになった。たまに聞こえる娘の笑い声を背中に、仕事が捗る捗る。

 

恐るべし、YouTube。

 

3000万回突破動画も!!

何を見てるのかな?と、娘のタブレットを覗いて目に入った動画が今回ご紹介の【プリンセス姫スイートTV】

 

主役の姫ちゃん(14歳)と弟のおうくん(7歳)、2人のお父さん通称パパが主に出演するいわゆるキッズ系YouTubeだ。

 

動画の初投稿は2013年、姫ちゃんが小学校2年生の時に自ら「YouTubeをやってみたい」と言って始めたらしい。(すでに筆者には理解できない世界。)

 

そんな小学2年生の女の子が始めたチャンネルが開始から7年で登録者数160万人の大人気チャンネルになっている。今回ご紹介する動画は前述の3人がただただ市販のゲームを家族で楽しんでいるだけ。「だけ」って言ったら失礼だが、初めて見たおじさん(私)からは本当にそれ「だけ」の動画なのだ。

 

〈なんでこの動画が楽しいの?〉頭の中は?でいっぱい。娘が笑ったところを注意してもう一回見てみる…。09:08娘が笑った。10:39・10:57また笑った。19:08動画ラストを迎えるところで娘爆笑。そうか、分かった。姫ちゃんパパの絶妙なドジ加減に小1の娘が笑ってる。昭和の親父気取り(私)が自分の娘にはいちいちやってあげないドジの演出が子供心を掴んで離さない。私も友達の子供と遊ぶ時には演じてあげるドジキャラが姫ちゃんパパの動画内での日常なのだ。そりゃ子供は喜ぶわ。

 

「おうくん」の可愛さは必見!

 

サブチャンネルも登録者数20万人越え!

https://www.youtube.com/channel/UC52HXHjiZixivNbD9WJrBAw

次の動画を見ながらふと気づく。〈自然と次の動画見ちゃった…〉。7年前から姫ちゃん・おうくんの成長を見ている視聴者は、もう毎日見ずにはいられないだろう。自分の娘が【プリンセス姫スイートTV】を卒業しても、もしかしたら私一人で見ている日がくるのかもしれない。

 

家族3人の顔が激似で胸熱

 

恐るべし、YouTube。

 

 

 

チャンナビ編集部

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • はてなブックマークでシェア

コメントを書く

名前:
メールアドレス:
コメント:

※コメントは承認されるまでは表示されません。

キッズの関連レポート

もっと見る