みんな好きだよね?下町のステーキこと、トンテキ。そう。私にとってはおふくろの味。

今日は私の誕生日♪

まったく個人的な話になるが、本日は筆者の誕生日である。
年齢にこだわらないように生きていたいと思っていたが、40歳という数字にはグッとくるものがある。
嬉しいとは全く思えない。

何かを始めるのに遅いという事は無いという人もいると思うが、寿命というものを考えると、
理想と現実とのギャップにシビアにならざるを得ない。つまり時間とお金の話が常に付きまとう。
特に時間の大切さが、お金を凌駕するようになってきた。

これから訪れる、未曽有の大不況の中、どうやってこの40代を切り抜けるか、ただ切り抜けるのでは無く、どうやって発展させるか、
新型コロナウイルスに不安を覚え、焦りだした3月初旬からずっと考えて、答えを出して、を繰り返し続けてきた。

結果、やはり一番大事なのは、健康なのではないかという所にたどり着いた。
実際6月の中旬くらいからは、ビジネスアイデアより健康を重視するようになっている。
健康でいられる時間には限りがある。

元々、身体が弱いのと、37歳での大病も手伝って、強い身体を求めるようになっている。
当然、食事にも気を遣うようになる。自分で食材から調理方法まで考えるようになった。

人生においての食事の機会は、確実に減っている。
人生の楽しみである食事の機会を無駄にしないためにも、料理への探求心を燃やし続けていきたいと思う40歳の誕生日です。

トンテキ・・・母との思い出。

さて、本題のトンテキ。

筆者はステーキが大好きで、牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、とにかくステーキを良く食べます。これはきっとステーキ=贅沢なもの、という子供の頃からのイメージだと思う。
実際、牛肉のステーキは大人になってから食べている。子供のころは牛肉のステーキを食べた記憶はほぼ無い。

そんな我が家ではトンテキがいわゆる贅沢なものであった。

母曰く、しょうゆとみりんに漬け込んだだけのシンプルなトンテキなのだが、いまだに月に何度か作ってもらう。

自分で作ってもいいのだが、どうもトンテキだけは失敗したくなくて母に頼んでしまう。

それでも作ってみるかなと思って、トンテキを調べていたら美味しそうなトンテキを見つけたのである。

そろそろチャンネルの紹介を・・・。

東京都は、墨田区向島で、【河原のあべ】

という、天ぷら屋さんを営むご主人のまかないメシを配信していて、登録者数26.4万。

その名も、まかないチャレンジ! 河原のあべ

まかないメシというだけあって、手軽に早く作れて美味しそうなのがポイントである。
もっと言うと、氏の食事シーンまでついてきます。

氏が下町のステーキという、トンテキ。
まさしくその通りと思いながら見ていると、

お酢を切る!? 分かります、酸味の大事さ。

そうなんです。酸味は味を引き締める。そこに気づいたのがつい最近。
最近では、もっぱらレモン汁をいためものの隠し味に入れるほどの、旨味&酸味信者になってしまったのです。

おふくろの味でも、自分で作っても美味しい下町のステーキのトンテキ。

おいしい豚肉を求めて、わざわざ道の駅まで行ってしまう始末。

最近の楽しみは、道の駅ごとの名産品のチェックになっている今日この頃です。

食材探しに道の駅は最適ですよ♪

チャンナビ編集部

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • はてなブックマークでシェア

コメントを書く

名前:
メールアドレス:
コメント:

※コメントは承認されるまでは表示されません。

料理の関連レポート

もっと見る